« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

慰霊の日(228)

 今日の宮古島は晴天で、暑い一日でした。

 今日は、沖縄県では「慰霊の日」で公休日です。戦争が終わって71年目の「慰霊の日」となります。なぜ終戦の日(敗戦の日)の8月15日にしないのか、という疑問を持つ人もいるかもしれません。
 6月23日は、沖縄に駐屯していた日本軍の最高司令官(牛島 満)と参謀長が自決した日が沖縄での組織的な戦闘が終わった、ということで「慰霊の日」に設定されています。実際の戦闘は、8月15日を過ぎてもあったようです。自決する前に正式に降参して、調印して、武装解除していれば、6月23日以降の無駄な戦闘はなく、犠牲者の数もいくらかは少なくなっていたかもしれませんね。
 国内で唯一地上戦になり、本土決戦の盾となった沖縄県は、人も土地も文化も破壊され尽くされました。戦後71年、日本国は復興し経済発展し豊かになりました。が、国内各地にあった米軍基地は沖縄県に集約されて、基地負担、基地があるが故の事件・事故が度々起こっています。なのに、なんの解決もされていません。
 先日起こった、米軍軍属に散歩中の女性が襲われ、強姦・殺人・遺体遺棄事件が起こっています。那覇市で行われた抗議の県民大会には、会場の陸上競技場から溢れ出る6万5千人もの人々が参集しています。その時の参加者をみていると、子どもをつれた家族、若い女性の参加が多かったですね。
 今日は、宮古島市総合博物館で、「新たに見つかった戦争遺跡」の企画展示がありました。そんなにいないだろな、と思って出かけました。しかし、博物館の駐車場に入りきらない車が、博物館前道路にずらーーーーと駐車して、館内は家族、特に子ども連れの家族が多かったです。
 戦争をしない国家、いつでも・どこでも安心して散歩できる平和な国家であってほしいですね。

(宮古島市立総合博物館 14時頃撮影)
Dsc08249

(米軍機の補助燃料タンク。戦後廃品となったものを水タンク等に利用していたようです)

Dsc08251

2016年6月21日 (火)

夏至(227)

 今日の宮古島は晴天です。

 今日は「夏至(げし)』で昼間が最も長い一日です。夏至の日の太陽はどの辺から登ってくるのかな、ということが気になって、池間島まで撮影に出かけました。池間島にしたのは、夏至、秋分の日、冬至、春分の日の太陽が昇ってくる位置を大神島を基準として見たかったからです。
 今日は水辺線付近に雲が多く、昇ってくる太陽を見ることはできませんでしたが、最も明るい所が太陽の位置かな?。

(宮古島市 「池間大橋」から大神島に向かって撮影)
Img_0469

Img_4023_4


2016年6月20日 (月)

ストロベリー(226)

 今日はお月様は「ストロベリームーン」”ということでしたので、19時15分の「月の出」(今日の宮古島での月の出の時刻)を楽しみにまっていました。私の家から月が見えるようになるには19時30分頃でした。
 いつもの月より赤みがかっていますね。晴天の空ですのでとても雰囲気のあるほぼ満月の月です。

(自宅から撮影)
Img_3945_r2


2016年6月19日 (日)

父の日のプレゼント(224)

 父の日のプレゼントを息子達と娘からいただきました。就職して、お給料をいただけるようになって、経済的に自立できるようになり、それなりに社会に貢献できる人材に育ってくれたことを喜んでします。これかも精進して、その道のプロフェッショナルになっていくことに期待しています。

(長男夫婦からのプレゼントです。健康管理をしっかりやれよ!ということでしょうね)
Img_0352

(沖縄本島にいる二男からのプレゼントです。心優しい二男です)

Img_0460

(大学生の娘からは”言葉”のプレゼントでした。ひまわりのように育っています。元気であることが一番です!!「「がんじゅーさ 一番」)


Img_2505


暑い(223)

 沖縄県は梅雨が明け暑い暑い晴天の日々となっています。他府県は、これからが梅雨の時期ですね。洪水や土砂崩れ等の災害が心配です。
 宮古島は、今日と昨日はロックフェスティバルが開催されています。今回も有名なバンドが出演しています。酷暑の中、出演者も観客もお疲れさまでした。先日は、「ミュージックフェスティバル」と「自転車の競争(ツールド宮古島)」もあり、島外、県外から多くの来場者がありました。何かとイベントの多い宮古島です。そういうイベントの度に数千人規模の方が来島しているようです。それだけ魅力があるんでしょうね。

 今日の早朝散歩の時、西の空を見ると「神様が定規で線を引いたのかな」、と思うくらい水平になっている雲でした。(05時頃撮影)
Img_0455


(電線とほぼ平行に見えます)

Img_0454

(晴天に浮かぶ宮古島の満月はとても美しいです。今日20時頃撮影)

Img_3041


2016年6月18日 (土)

ピンボケですが(222)

 先日、鳥が空中でひっくり返っている写真を掲載しましたが、この写真も面白いです。
 かなりのピンボケですが、鳥の姿はなんとか分かります。鳥って空中で面白い動作をしているんですね。でも、私の技術が備わっていません。高速で飛ぶ鳥をドンピシャのピントで撮れるようになりたいです。
 昨日は、約1500枚の鳥の写真を撮りましたが”ドンピシャのピント”は1枚もありませんでした。正面から高速で向かってくる鳥は”超難しい”ですね。もう少しゆっくり飛んでくれんかな、と思ったりもしますがそればかりは鳥の都合もあるでしょうから・・・・・・
 高速で向かってきたかと思ったらほぼ静止状態でこんな格好もしますので対応ができません。動体視力とピントを合わせる素早さが残念ながら備わっていません。でも、諦めてはいませんよ。「できる かも」です。


Img_2197


見えないところが大事(221)

「表に出ていることは華やかに見えたりしますが、見えないところを頑張ることが大事だよ」という趣旨のことを一朗選手が言っていました。超一流選手の言葉は、超説得力があります。
 大事を成し遂げるには、大事を成し遂げるための基礎・基本・知識・身体能力・技術・・・を日々鍛えていくことだよ、と言うことだろなと解釈しました。一朗選手がこれだけ活躍できるのは、やみくもに時間をかけた根性論の努力ではなく、自分が納得出来る科学的な理論に基づいた日々の生活・トレーニングを積み重ねているんでしょうね。
 こんなことも言っていました、「4000回の良い思い(安打を打った)をしたが、8000回以上の悔しい思いもしてきました」と。
 野球選手は3回打席に立って、1回の安打を打てば一流の選手と言われます。3回のうち2回は安打を打てていません。投手の方が3回うち2回は勝っているのです。一朗選手にしてみれば、全打席で安打を打ちたいと思っているでしょう。
 華やかな部分だけに注目するのではなく、「みえないところ」に思いをは巡らせるようにしたいですね。

(昨日撮影。宮古島市の平良港。伊良部大橋もみえています)
Img_1902


Img_1906


人に笑われることを(220)

 今日の宮古島は素晴らしすぎるくらいの天気です。

「人に笑われることをやってきた」とは、アメリカの大リーグで活躍を続けている一朗選手の言葉です。安打数で世界記録を記録したインタビューでこたえていました。
 大きなことを言うと、「こんな大それたことを言って」とか、「絵に描いた餅」とか言われたりします。特に、子どもは大きな夢を語りますが、その度に、それを否定する言葉を投げつけられて、次第次第に夢や希望が小さくなっていきます。しまいには、最初から「できないかも」という弱気な自己を否定するような思いを持つようになってしまいます。
 自分ができなかったから他人もできないだろうというおもいから、「そんなことできっこない」というおもいにいたるんでしょうか。「自分はできなかったけど、あなたはできるかもしれないよ」というおもいをもてないんでしょうか。
 子ども達がどんな大きなことを言っても、「できるようなる かも よ」、「君ならできる」という言葉かけをしたいものです。親ができなかったこと、先生ができなかったこと、周りの大人ができなかったこと、だからあなたもできっこない、ではありません。「あなたなら できる かも」です。肯定的な”かも”を飛ばして、自分に自信を持たせて、夢実現に向かって努力する人に育てたいですね。


(昨日撮影。宮古島市の「砂山ビーチ」です。海の色が最高でした)
Img_2472


Dsc08237


2016年6月16日 (木)

梅雨明け(219)

 今日の宮古島は風が強いですね。潮が巻き上げられているんでしょうか、伊良部島や池間島がかすんでいました。

 今日、「沖縄地方は梅雨が明けたもよう」との発表がありました。昨日、ここ2〜3日の間に梅雨明けかな?、と書いたんですが、ほぼ正解でした。昨日の”風”が、あれっ!変わった!!という感じでした。
 関東地方は、水瓶のダムが50%を切っているようですが、これからが梅雨の時期ですのでダム周辺にはふってほしいですね。沖縄本島北部のダムは満水のようですので当分の間はだいじょうぶかな。
 沖縄地方の梅雨が明けたということは、暑い暑い日々が続くということです。NASAの発表では、「今年は記録的な暑さになる」と言っていますので、どうなるんでしょうか!!。
 エアコンの入っていない教室での学習は大変ですね。宮古島市の小、中学校の普通教室にはエアコンは入っていません。県立高校はエアコンが入っているのに、宮古島市立の公立学校には入っていません。我慢やれ!!、根性で乗り切れ、ということなんでしょうか???、各家庭にはエアコンが入っている時代、公共施設や会社、人が集まる施設等には確実にエアコンが入っている時代に・・・・・・信じられない事態です。


(宮古島市 平良港で今日撮影)
Img_1605


何かの標識かな?(218)

 一昨日(6月14日)に宮古島市の平良港で撮影さた鳥の写真に、足に何かの標識らしき足輪をしている鳥が写っていました。鳥の渡りを研究している人が付けたんでしょうか。
 写真を撮っていると思いがけないことが写っていたりしておもしろいですね。芸術的な写真は難しいのですが、そういう偶然の面白さは大きな魅力ですね。そういうのを狙って撮るのではなくて、撮っていたら写っていた、という面白さです。
 

(一昨日、宮古島市平良港で撮影。足に標識らしきのがついています)
Img_9365


Img_9366


ひっくり返った(217)

 今日の宮古島は「雲が多めの晴れ」です。暑くなりそうです。

 昨日は宮古島市の「平良港」で海鳥の撮影をしてきました。5月頃から見られるようになってきた鳥を撮りたくて出かけました。多分、「エリグロアジサシ」かな?と思います。この鳥のおもしろいところは、餌の取り方が豪快だということです。餌の魚めがけて、ほぼ垂直に頭から突っ込んで海中に突入していきます。
 小さい鳥ですが、その餌取りの豪快さに魅せられて何回か撮影しているんですが、そのスピードについていけません。機材もそれなりでしかありませんので、極力近距離で撮る必要があります。技術不足、機材の性能不足がありますが、「それはそれで楽しいです」。いつ思うのは、チャンスが来るときにそれをいかせるようにすることです。
 昨日撮った写真を見ていて、思わず吹き出してしまった一枚があります。なんと!!空中でひっくり返っています。撮っているときは分かりませんでした。海中に突っ込んで、餌取りに失敗して、海面から上昇したときに、風にあおられてしまったようです。(昨日は強い西風が吹いていました)

(見事に、ひっくり返っています)

Img_0479

(海面から飛び上がったところです。餌をくわえていません。餌取り失敗だったようです)

Img_0475

(餌の小魚を見つけて、この姿勢からさらに角度をつけて魚に向かって突っ込んでいきます)

Img_0506


2016年6月15日 (水)

そろそろ梅雨明けかな?(216)

 今日の宮古島は曇り空で風が強かったですね。先週から、「梅雨」というお天気が続いています。
 4時頃風向きが西から南よりの方向に変わりましたね。”あれっと”思いました。もしかして、「梅雨明けの前兆」と思ったんですが、どうなんでしょうか。もしかして、ここ2〜3日の間には「沖縄地方では梅雨が明けた模様です」との発表があったりして???。ま、ど素人の感です。

(宮古島市平良漁港で撮影)
Img_0354

(今日は西の風が強かったので西向きに停泊していました)

Img_0149


2016年6月10日 (金)

ななふし(215)

 庭の木に「ななふし」がいました。目の前にいるのに妻に言われるまで気づきませんでした。分かりますか。

小さい子どもの頃は、「ななふし」くらいの木の枝を置いておくと、”ななふしになるんだよ”と信じていました。皆さんはどうですか。
 これとは話が違うのですが、子どもの頃に信じていた話として、渡り鳥の事を書いている新聞の記事がありました。「この鳥は、寒くなると(暑くなると?)山の中で過ごすから姿が見えなくなるんだよ」と、周りの大人達から言われて信じていたそうです。それで、その鳥が見えなくなると、「そうか、今は山の奥深くにいるんだな」、だから見えないんだ・・・
 でも、ある時、鳥には「渡り鳥」がいて、ある時期になると渡って来て、ある時期になると渡って行く、ということを知った時、”この鳥”は、ある時期に山の奥から出てきて、ある時期には山の奥深くで過ごすのではなく、どこかへ渡っていくんだ、だから見えなくなるんだ、ということを知った。今おもうに、あの自分の大人達は・・・・・」というお話でした。単に、「嘘つき大人達」というのではなく、いろいろとおもいを巡らせることのできるお話しですね。どういうおもいでそういうお話をしたんでしょうね。

(今日、自宅で撮影)
Img_8713


なびがーす(クマゼミ)  (214)

 宮古島では「なびがーす(クマゼミ)」が鳴き始めています。体が大きいので鳴き声も大きいです。
 このセミが鳴くと、「夏真っ盛りだな」と感じます。8月頃までなきますが、その声が聞こえなくなると、「夏休みもそろそろ終わりだな」という感じです。
 子ども達が小さいときは、夕方になると地面から出てくる幼虫を捕まえてきて、カーテンにつかまらせ、「羽化」するのを楽しみました。小学校の校長をしている時は、この時期には意識的に草刈りを控えました。子ども達は、幼虫を捕まえ、観察し、「羽化」を観察していました。教科書でする学習より、具体的で実践的な学習をしているんですね。自ら課題をみつけ、自ら解決する学習です。そういう学習は何十年たっても剥がれません。先生や親は、そういうのを「羽化」と言うんだよ、と言葉を教えるくらいで十分です。

(昨日、「砂山ビーチ」の駐車場で撮影)
Img_8512

(昨日撮影。宮古島市の下里通りと下里東通りの交差点。宮古島の燃える夏のような「ホウオウ木」)


Img_8506


イギリスのクルーズ船(213)

 今日の宮古島は、天気予報では「雨 60%」です。

 昨日、平良港(宮古島市)のクルーズ船埠頭に、これまで見たことのない”オシャレな”黒い船体の船が停泊停泊していました。埠頭内には入れませんでしたが、埠頭入口で警備している警備員の話では、「パナマ船籍のイギリスの船で、オーストラリアからの乗客を乗せているらしい」とのことでした。
 今日の地元紙に、歓迎セレモニーの様子が掲載されています。4280tの船に乗客が92人だそうです。何と贅沢な人数、という感じですね。少人数で長期間のゆったりした船旅でしょうね。そういう方々は、お金の額などは気にもならない本当の富裕層なんでしょうか。
 宮古島には今年はクルーズ船が多いですね。月・火・水は定期的に台湾や中国から10万tもあるような超大型のクルーズ船が入港してきます。また、定期的でない船も入港してきますので、港に行くのが楽しみです。宮古島にいて外国の豪華客船を見ることができます。

(CALEDONIAN SKY 昨日撮影)
Img_8507


Img_8508


Img_8509


2016年6月 7日 (火)

禁酒命令(212)

 駐留米軍の海軍が「禁酒命令」を出していますが守られるとは思えません。これまでも守られたことはありませんので、自宅での飲酒も禁止という現実離れした命令など守るはずもないのです。
 20歳の女性を殺して、遺体を遺棄した事件の直後に飲酒運転での事故で怪我を負わせています。彼らには日本の法律を守ろうとする思いはないでしょうね。不平等条約ともいえる「地位協定」に守られているからそうなるんでしょうね。どこの国の人であろうと、どこの国の軍隊であろうと、日本国で犯罪を犯せば日本国の警察に逮捕されて、日本国の法律で裁かれる、簡単に言えば、日本国民と同じように裁かれなければなりません。
 沖縄県議会議員選挙では、翁長知事を支える勢力が議席を増やしています。沖縄県民の民意ははっきり示されました。知事を支えるという沖縄県民の思いはこれまで以上に強くなっているということです。

(昨日、宮古島市平良港で撮影)

Img_7413


2016年6月 3日 (金)

みつかった(211)

 北海道で行方不明になっていた小学2年生が自衛隊の演習地内の小屋で見つかりましたね。報道の速報では、行方不明になった5月28日からそこにいたということです。

「車から降ろされた」と言われていて、親に対する非難がインターネット等では投稿されています。報道からしか情報が得られませんので実際のところはどうなんでしょうか。
 歩いて自宅まで帰ってこれないような距離の山道で小学2年生を車から降ろして走り去る、ということが考えれない行動ですが、報道の端々から感じるのは、その子の教育に苦労されていたんだろう、ということです。
 スーパーなどで、こどもが親の言うことを聞かないで叱られている光景を時々みます。叱っている親の行動をみていると、「お母さん もう知らない 勝手にして」と言って、子どもを一人にしてその場から去ってしまいます。子どもはその場で泣き続けるか、泣きながら親の後を追っていきます。もしかしたら、山道に置き去りにしたこともそういう親の行動の延長線上にあるのかも知れませんね。
 躾とは、「身を美しく」と書きます。美しく振る舞える教育をするのが躾です。”脅し”では躾はできません。一時的に従っているだけです。しつこく言って聞かせるしかありません。時間がかかりと根気が必要ですが、一度身につけば剥がれることはありません。
 スーパーでの子どもの場合でも、「どうして今は買えないのか」、「いつなら買ってあげられるのか」等を言い聞かせ、分かってくれたら褒めて、「さすがママの子だね。お菓子ちゃん、いついつ買うから美味しくなって待っていてね」というふうな声かけしてその場を離れるようにしたいですね。放ってしまうのはその子の躾にはなりませんし、お店にも、お客様にも迷惑をかけることになります。

(宮古島市 サンエーショッピングセンター近くの交差点のホウオウ木)


 Img_7232


ついにコマーシャルに(210)

 今日の宮古島は雲っていますが暑いです。気象台の発表によると5月の平均気温は観測史上最高値を記録したとのことです。(平年値より1.7度高い)

 テレビのコマーシャルを見ていると、どこかで見たような美しい海上の橋を車が疾走していました。”なんということでしょう”、「伊良部大橋」です。ついにコマーシャルに登場しました。コマーシャルの映像になると一段と美しいですね。そのコマーシャルは、「ホンダオデッセイ ハイブリット」です。映像は著作権の問題がありそうですので掲載できません。テレビでご覧ください。
 伊良部島に蝶の撮影に行った時、「撮影のため通行止にする時があるのでご協力お願いします」という看板と警備員が多数配置されて、撮影スタッフらしき人々や車両が数台いましたが、もしかしたらそのコマーシャルの撮影をしていのかな?
 地元に住んでいる私が見ても見飽きない風景です。すばらしですよ。このコマーシャルの放映でますます人気が出てきそうですね。ちなみに、伊良部島は昨年度「行ってみたい島ランキング」で1位でした。伊良部大橋効果は絶大です。

(伊良部島の渡久地の浜)

Img_0293

(コマーシャルの撮影地「伊良部大橋」)

Img_6547


Img_6549


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »