« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月27日 (金)

活躍るするほどに (021)

 人口が5万人台の小さな宮古島市ですが、子ども達はスポースや文化面で九州大会や全国大会に出場権を得る活躍をしています。そこで大きな負担となってくるのが旅費です。子ども達が活躍するほどに保護者や学校は旅費の工面に奔走することになります。行政側も補助金を出しますが、どんなに多くても半額程度です。県大会に出場するにも大きな負担ですが、九州大会、さらに全国大会ともなると滞在期間も長くなり旅費もそれなりになります。
 コンサートを開催したり、祝賀会を開催したり、寄付募集をして資金集めをしています。それでも個々の負担は勝ち上がる毎に大きくなってきますので、家計の苦しいご家庭にとっては旅費が工面できない場合もあるのではないかと危惧しています。

(思いっきり飛んでほしいですね)
Img_3549


Img_3550


春の甲子園出場校決まる (020)

 春の甲子園出場校が決まりましたね。今大会は沖縄県からの出場校がありません。残念です。
 21世紀枠に宮古実業高校が推薦されていましたが甲子園出場はかないませんでした。夏の県大会で優勝して県代表として出場できればいいですね。期待したいと思います。
 以前は、沖縄県代表は弱くても甲子園に出場だけで大きな拍手をもらえましたが、今では高校野球強豪県になっています。甲子園に出場している他県のチームにも沖縄県の中学校出身者が数多くいますね。今日出場が決まった滋賀県代表の滋賀学園?には18人のレギュラーのうち7人(?聞き違いでなければ)が沖縄県の中学校出身だということです。NHK沖縄の夕方のニュースでは3人の生徒がインタビューがありました。頼もしいですね。がんばれ!!。

(この頃サシバの姿をよく見かけます。南に渡って行った仲間が北上して渡って来るのを宮古島で待っているんでしょうか)

Img_3558


Img_3560


なぜ片足で (019)

 今日の宮古島は晴れです。あたたかいです。今年一番の晴れかな。

 水辺の鳥を観察していると、休むときに片足で立っている鳥が多いような気がします。陸上の鳥(表現がおかしい?)は、両足で枝を掴んでいる、地面に降りているときでも両足で立っているというのが多いかな?、と見ているんですがどうなんでしょうか。
「なぜ片足で休むのか」。不思議です。なんか安定感がない感じがするんですが、鳥に言わせれば、「この方が安定してリラックスできるんだよ」ということなんでしょうね。

(サギ類の片足立ちはよく見かけるんですが、こんな小さな鳥も片足立ちするんです。風が少々吹くと吹き飛ばされそうな感じですがしっかり立っています。)
Img_3932


2017年1月26日 (木)

クロサギ (2017−0018)

 1月はクロサギの姿を見ることが多くなりました。これまでは単独で見ることしかできなかったのですが、今月は3羽の群れを見ることができました。
 群れといっても3羽が固まっていることはなくて、それぞれがある程度の距離を保ちつつ行動している感じでした。独立志向の強い鳥なんでしょうか。
 最近は、このクロサギとアオサギ、サシバ、海鵜に興味があります。

Img_3290


Img_3945


Img_3962


Img_3963


くろさぎ

隣の庭木に (2017-0017)

 四季の変化に乏しい宮古島ですが、生き物は季節ごとに違う種類が登場します。先日は、朝食の最中に、「あれっ、見たことのない鳥が」と妻の声。隣の庭木にかわいらしい鳥が止まっていました。鳥名は不明です。(調査中)
 朝食時は妻が窓向きで、私は窓を背にしていますので、「今日の朝陽はすてきよ」とか、「鳥がきているよ」とか気づいてくれるのは妻ですね。朝の風景が撮れるのは妻の感性のお陰です。

(鳥名は不明)
Img_3994

(年の初めから咲き始めます)

2017_01_24_2511


寒い (2017−0016)

 今日の宮古島は曇りです。寒いです。
 気温は15度前後ですが寒いですね。県外から来島すると「あたたかい」ということになるんでしょうが、宮古島に住んでいると20度をきると”寒い”と感じます。
 宮古島はさとうきびの収穫期です。手刈りで収穫作業をする際には寒い方が良いとの声を聞きます。この寒さ、絶好の気温かもしれませんね。

(家の猫は、電気カーペットに薄手の毛布です)
2017_01_24_2510

(タバコの植え付け作業が始まっています。機械化されていますね)

2017_01_23_2517

(宮古島でも小規模でパイン栽培がされています。実はまだです。)

2017_01_23_2516


2017年1月25日 (水)

選挙  (2017-0015)

 1月22日(日)には宮古島市の市長選挙と市議の補選が行われ、市長は現職の3選となりました。有権者数43,401人、当日投票者数29,614人で投票率が68,23%でした。
 宮古島にとっては大きな分岐点になるかもしれない事も争点になっていました。宮古島市に居ながら無関心から投票にいかなかった有権者もいるんでしょうね。「どうせ誰がなっても自分には関係ない。だから投票には行かない」、「遊びに行くから行かない」、「仕事があるから行かない」という方々もいます。
 気づいた時には後戻りできない状況になってしまう事もあります。有権者の行動が国や県や市町村の将来を決めてしまいます。投票権は行使しましょう。国によっては投票するのは「国民の義務」とし、投票しない場合は罰せられるようですね。
 今度の市長選挙では4人の候補者がでました。当選者の得票は9,588票、次点の方の得票は9,212票でした。当選した方の得票は全有権者の22%、当日投票者の32%です。
 全有権者の22%の支持、あるいは、投票者の32%支持を得て当選しても、「民意は示された、公約が支持された」と表明することになるんです。全有権者の過半数以上の支持なら「民意は示された」と納得できますが、この数字では”がってん”とはいきません。でも、これがこの国の選挙制度に基づいた結果なんですね。制度がなせる業です。外国の大統領選挙では、1回目の投票で過半数を得る候補者がいない場合は、得票数1位と2位の候補者で決選投票を再度実施するところもあるようですね。フランスがそうだったかな???。
 アメリカ大統領選では、総得票数で少ない方が当選となりました。国民の支持はクリントンさん、でも当選したのはトランプさんとなりました。アメリカ大統領選挙は国民の直接投票で選ばれるのでなく、各州に割り振られた選挙人をその州で1票でも多くの得票をした候補者が総取りする方式なんですね。それで、全国的な得票総数ではクリントンさんに及ばなかったが選挙人獲得数で多かったトランンプさんの当選となったんですね。まさに「制度のなせる業」です。
 市議の補選は5人立候補し、若い2人が当選しました。「子育てしやすい宮古島市」の”制度”を整えることに尽力してほしですね。「子育てのしやすい市=活気のある市」かな、と思います。

(久しぶりに蝶の写真を撮りました)
Img_4002

(左の下羽がありません)

Img_4017


Img_4011


Img_4020


2017年1月14日 (土)

センター試験 (2017-014)

 今日から明日までセンター試験ですね。雪等による交通機関の乱れが無ければ良いですね。

 ネットのニュースで”エーツ”となるような記事がありました。「24泊25日」と表題のついた記事です。なんと!!、センター試験を受験するためにこれだけの期間が必要ということです。
 東京都の小笠原諸島からの受験生は、センター試験を受験するために島から出てきて「24泊25日」を過ごす必要があったということです。今年は、改善されて9泊10日なるということですが、今時こういう所もあるんですね。
 なぜ、自宅をはなれて24泊もしなければならないか、ということですが、定期航路の船が定期検査のために欠航となるので欠航する前に島を出て、再開を待って島に帰らざるを得ない状況があるようです。その定期検査をの時期をずらすのが難しい理由があるんですね、それでも、島の未来を担う子ども達の将来を考えて、定検査の時期をずらして9泊10日に改善できたということです。それでも、かなり厳しい状況ですね。
 がんばれ!!受験生。

(1月11日撮影。サシバ。高い所から獲物を狙っています)

Img_3097


2017年1月13日 (金)

椿咲く(2017-0013)

 沖縄本島では桜が咲き始めているようですね。桜の開花は、南から北に移動して行きますが、沖縄のカンヒザクラ(ヒカンザクラ?)は、逆に、北から南へと桜前線が移動します。

 宮古島では椿が咲いています。近年、街路樹として植えられているのを見かけるようになりました。椿を計画的に植えているんですね。
 トックリキワタの木は葉を落とし実をつけています。実が熟して、実が割れて、綿が見られるようになるのももうすぐですね。真っ赤に咲いていたホウオウ木も葉を落として、50cm位(もっと長いかも?)の実をぶら下げています。
 アダンの実も熟しています。夜間には、ヤシガニ(宮古ではマクガンと言う)が張り付いている可能性もありますね。

(1月12日撮影。椿)
Img_3104

(1月12日撮影。ホウオウ木)
Img_3106


(1月12日撮影。アダン)
2017_01_12_2478


さとうきびの刈り取り(2017-012)

 今日の宮古島は「曇り時々雨」で風があって寒く感じました。全国的に寒いようですね。雪国の方々は大変ですね。雪下ろしの事故で死者も出ています。

 宮古島は、さとうきびの刈り取り最盛期です。手刈りをしている畑もありますが、ハーベスタによる刈り取りが多いようです。以前とは「刈り取り風景」が変わりました。ハーベスタのオペレータ1人と補助員?1人での2人でできる感じです。手刈りだと、家族・親戚・知り合い・・・総出です。
 トラックへの積み込みもクレーン1台でOK。以前は人が担ぎげていました。楽になりましたね。楽にはなったけどそれなりに出費もあるのかな。
 さとうきびの刈り取り時には、”総出”でしたので、10時のおやつ(10時ちょーき)、12時の昼食、15時のおやつ(3時ちょーき)もあって子ども達は遠足気分という感じでしたがそういう風景も次第次第に無くなっていくんでしょうね。時代ですね。
 手刈りの風景も撮ってきたいと思います。来週かな。

(昨日撮影:前の方のドリル状のところで刈り取ったさとうきびは、脱葉されて、カットされて、後ろのカゴに溜まっていきます)
Img_3110


(昨日撮影:カゴがいっぱいになると、畑の脇に保管されて、クレーンでトラックに積み込まれて、製糖工場に運ばれていきます)
Img_3109


2017年1月12日 (木)

3学期 (2017-011)

 宮古島市は全ての学校が3学期制ですので1月6日から3学期が始まっています。
 冬休みは、クリスマスのプレゼント、お正月のお年玉がありましたので楽しく過ごせたでしょうね。3学期はまとめの学期ですので、それぞれの学年で学ぶことがしっかり身につくといいですね。
 14日と15日はセンター試験です。ここまで来たら後は”開きなおり”です。第一に体調を万全に整えることです。万全の体調で落ち着いて望めると良いですね。

(昨日撮影)
Img_3075


Img_3074


鏡開き (2017-010)

 無病息災を願って「鏡開き」をしましたか。
 街頭でのインタビューを聞いていると、「鏡開き」を知らない人が結構多いんですね。鏡餅を飾らない家庭も増えているんでしょうか。
 鏡餅は飾るけど、「鏡開き」を知らない親が増えているんでしょうね。一つの節目、一つの文化として継承していきたいものです。
 皆さんの地域では「鏡開き」は1月11日ですか。昔は正月松の内は1月15日まででしたので、松の内が終わって1月20日に鏡開きをしていたようですが、徳川家光が1月20日に亡くなったことで、その日は忌日とし、正月松の内が1月7日までとなり、鏡開きも1月11日になったようですよ。
 それは、関東地方のことで、関西地方ではこれまで通りの1月15日に「鏡開き」を行っているも多いらしいですね。京都では1月4日とも聞きますが、皆さんの地方はどうなっていますか。
 鏡開きをする際は、包丁等の刃物は切腹を連想させるので木槌で叩いて割る、というのが慣わしのようですが、今の鏡餅はプラスチックの鏡餅型ケースに切り餅が入っているのが一般的かと思います。我が家の鏡餅もそうでした。
 数日寝込んでしまいましたが、昨日は”無病息災”を祈念して鏡餅をいただきましたで元気を取り戻すことができました。

2017_01_11_2472


製糖開始(2017-009)

 宮古島には、宮古製糖、宮古製糖伊良部島工場があり、多良間島にも宮古製糖の工場があります。この3工場はすでに今期の操業を開始していますが、宮古島市下地(下地)にある沖縄製糖工場が昨日から操業を開始しました。
 昨日、工場前を通りかかると、サトウキビを満載したトラックが工場敷地に列をなしていまいした。今期のサトウキビは成育時に台風の影響がなく豊作で糖度も高いようです。農家の収入が多くなると良いですね。
 平良港の埋め立て工事の土砂を運ぶトラックの交通量が増えています。さらに、サトウキビ運搬のトラックが増えますので子ども達の安全には十分気をつけたいですね。子どもは予測のつかない行動をすることがあります。
 また、子ども達への指導も今一度徹底すべきですね。大きなトラックの運転手席からは体の小さな子ども達は見えにくい死角があるかも知れません。

2017_01_11_2461


2017年1月 6日 (金)

交通事故(2017-008)

 先日、「交通事故による死者数が”67年ぶり”に4000人を割った」とのニュースがありました。最も多かった年が昭和45年の約17,000人ですので、1/4位になったということです。交通事故による死者数は事故後24時間以内に死亡した数をカウントしていますので、実際の死亡者数は統計の数字より15%
くらいは多いのではないか、ということです。
 車の性能、医療技術、道路の整備、警察の取り締まり、交通安全に関する啓蒙活動等が死者数を減らしている大きな要因でしょうね。究極の目標は、「交通事故による死亡者0人」ということだと思います。「そんなの無理だよ」と言わず、国民一人一人が自分にできる最善の行動をとりたいですね。

 サギは、休息する時は片脚で立っています。すごいバランス感覚ですね。あなたは片脚立ちで何分立って入られますか?(1月4日撮影)

(まだ警戒していますね)


Img_2845

(リラックスしつつあります)

Img_2842

(安心してリラックスしているようです。片脚で立っています)

Img_2840


ダイサギの捕食(2017-007)

 今日の宮古島は、天気予報では曇りですが、青空も広がっています。

 今日は、南十字星を観察しに行ったのですが、南の水平線付近には雲が出ていてみえませんでした。ネットで調べたら、午前5時30分頃から午前6時30分頃まで、南の水平線ぎりぎりで見えるはずです。自然を相手にすることですので簡単に見ることはできない、と思います。
 6月までは観察可能かな、と思います。この間に写真が撮れるといいな!!。南十字星はオーストラリアで見たことはあります。その時は、空を見上げるように見ましたので、かなり高い位置で見ました。宮古島では、10から15度位ということですので。腕を水平に伸ばして、拳ひとつ分位の高さかな、と思います。中学生の頃、当時の理科の先生が自分で撮った南十字星の写真を見せてくれました。印象に残っています。

(1月4日撮影。ダイサギが牧草地でムカデを捕食したところです)

Img_2804

(上手に口の中に放り込みました。上くちばしと下くちばしの間にムカデが浮遊しているように見えます)
Img_2806


2017年1月 5日 (木)

ムーチー (2017-006)

 沖縄では、旧暦12月8日にムーチーを食べて、子どもの健康を願う・厄払いをする習わしがあります。「鬼餅」の漢字が当てられています。

 今日は「小寒」で寒さが増してくるターニングポイントですが、宮古島は夏を思わせるような天気となっています。

 皆さん、ムーチー食べましたか。スーパーでも売っています。今日は、宮古島では「成人式」ですので、成人式用のオードブルの側に並べられているということですよ。

 私の家では、黒糖味と紅芋味の2種類のムーチーをつくりました。ムーチーは月桃(げっとう)の葉に餅を包んで蒸します。月桃の香りが染み込んだ餅というかんじです。月桃はこの日のために自宅庭に植えてあります。

(紅芋味のムーチー)


2017_01_05_2439

(黒糖味のムーチー)

2017_01_05_2440


トックリキワタ (2017-005)

 鮮やかに咲いていたトックリキワタの木は葉が落ちて実を付けています。何日かすると、熟して実が割れて綿が出てきます。花が咲いている時は鮮やかな赤、実が割れると今度は「白」になります。楽しみです。  
 季節を感じさせる木々等が無い、と思われる宮古島ですが、よくよく見ると季節を感じさせる木々はあるもんです。来月には桜、3月には梯梧(でいご)ですね。

(2016年10月6日撮影。鮮やかに咲いていました)

Img_3853

(昨日撮影)

Img_2781

(昨日撮影。花が数輪咲いています)

Img_2785

(昨日撮影。野球ボールより少し大きい位の味がぶら下がっています)

Img_2784


2017年1月 4日 (水)

平良第一小学校タイムカプセル(2017-004)

 昨日は、平良第一小学校を平成21年3月卒業した皆さんのタイムカプセルを開封したました。今年成人式を迎える皆さんです。
 50人ほど集まっていました。お父さんになっている人、お母さんになっている人、働いている人、専門学校生、大学生、まだ自分探しをしているひと・・・・・様々です。人生いろいろ、それぞれの人生を歩み始めています。これからの人生が、「なりたかった自分」、「こんな生活をしてみたかった自分」であってほしいと思いました。
 当時の担任、保護者も集まっていました。すでに退職している私にも声がかかって参加させていただきました。挨拶までもさせていただいて嬉しかったです。
 宮古島市の成人式は明日(1月5日)開催されるようです。宮古島は、成人式、小学校の入学、高校入学、・・・等を各家庭で盛大に行います。10数軒の家を廻るのも珍しいことではありません。招待を受けることもありますが、多くの場合招待無しで行きます。「知り合いのAくんは今度成人式だよ」と分かれば、招待がかからなくても行きます。その祝いの家で、「Bさんの長女のC子さんも今度成人だよ」との情報があれば、その家にも行きます。だから、お祝儀は予定した数より多めに準備してでかけます。多い人だと30以上準備する方もいます。
 家族、親戚、隣近所、親の職場仲間、サークル仲間、・・・・・多くの方々に小さい時から見守られて育っている宮古島の子ども達です。多い家だと200人以上、普通の家で100人前後のお客様を迎えているのかな、と思います。準備するのも大変ですが、こんなに多くの人に祝ってもらえるのも大変嬉しいことです。

(タイムカプセルが出てきました)
2017_01_03_2405

(記念撮影)

2017_01_03_2407

(宮古島市立平良第一小学校。運動場にガジュマルの木が2本あり、学校のシンボルです)

2017_01_03_2403


2017年1月 3日 (火)

朝焼け (2017-003)

今日の宮古島は曇り空ですが、暖かいです。

 今日は息子を見送りに宮古空港に行きましたが、息子や娘、孫ちゃんを見送る方々で賑わっていました。明日が仕事始めの人が多いのかな?。故郷で楽しく過ごして、”がんばるぞ”という気持ちになって帰っていくのかな、と思います。

 今日の朝焼けは、デザイン画のような空でしたね。何処かの国が見たらクレームをつけそうな空でした。自然はすごいですね。”素晴らしい光の芸術だ”と見ていましたが、皆さんも見ましたか?。1分足らずくらいの光の芸術でした。

(7時28分頃撮影)
Img_2778


2017年1月 2日 (月)

神ってる?(2017-002)

 宮古島はあたたかい正月を迎え、今日もあたたかい一日となりそうです。お天気も良くて気持ち良いです。

 昨年は、12月30日の記事で「なんてこった」と書きましたが、12月31日に「奇跡の一枚」を撮ることができました。
 これで「奇跡な一枚」?????”大袈裟な”とお叱りを受けそうですが、私にとっては”奇跡”です。まさに「神ってる」という感じですね。
 こうもタイミング良く出会えるもんなんですね。驚きました。テレビのニュースで、「宮古島にナベヅルが来ている」と言っていましたので、年末年始休で帰省している息子に運転してもらって、「探鳥ドライブ」にでかけました。そう簡単に出会えるはずもなく、ナベヅルを見ることができませんでしたが、先日カワセミを見た場所に行ってみると、何ということでしょう”いました”。
 前回の反省をいかして、”手動”で焦点を合わせて撮ることができました。私のカメラの性能ではこの程度で満足です。もっと近づけたら良いんですがこれ以上近づくのは”危険”かな。

 今度は、カワセミを正面から撮ってみたいですね。それと、水に飛び込む瞬間が撮れたら良いな、と期待が膨らむばかりですが、こればかりは・・・・


Img_2628

1月1日には初日の出を見ての帰り道で「オスプレー(ミサゴ)」を見る事ができました。正月早々見ることができて幸運です。”神ってる”という感じです。ちょっと遠目でしたが見れて良かったです)

Img_2765


初日の出 (2017−001)

 新年おめでとうございます。

 2017年の初日の出は見事でした。
 私にとって昨年は楽しい年となりましたが、今年は昨年以上に楽しい日々を過ごせそうな予感です。この一年楽しい話題が一つでも多くなればな、と思います。

(1月1日、宮古島市「東へんなざき」で撮影)


Img_2692

(雲の隙間ができてお日様の全体が見えました)
Img_2732

(岬の下で見ました。太陽と日の出の光を受けてきらきら光る海と岩との構図が最高でした)
Img_2741

(太陽が雲の中に入ってしまいましたが、雲から漏れる光の色が美しく神々しさを感じました)

Img_2763


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »